ボディソープの使いすぎが乾燥肌の原因に

うる沿い成分配合で、肌にやさしいイメージのボディーソープ。

ポンプ式で使いやすいためもあってか急速に普及し、石けんよりも、今は液体ボディソープがお風呂場での主流になっています。

でも、ボディーソープにはいくつかの問題点があります。

まず、使用量の問題。

液体式で簡単にたくさん出せるため、つい使いすぎてしまう人が多く、固形石けんを使う人と比べると約20倍もの洗浄成分を使っているというデータもあります。

抱ぶくぶくにしないと「洗った気がしない」という人が多いようですが、使いすぎはもちろん肌を傷めます。

また成分的にも、とくに安価なボディソープは界面活性剤を多量に使用しており、肌に刺激が強いのです。

昔ながらの固形石けんのほうが、肌のうるおいを取りすぎることがありません。

保湿成分配合をうたうボディソープもありますが、それらの成分のほとんどは、すすぎのときに流れてしまいます。

弱酸性でもアルカリ性でも水ですすいだあとは中性に

石けん成分でできた固形石けんはアルカリ性です。

肌は弱酸性だから、アルカリ性の石けんはよくないという人がいますが、弱酸性で洗っても、アルカリ性で洗っても、すすいだあとは水道水のPH、つまり中性になります。

むしろアルカリ性は角質を適度に溶かして、肌をなめらかに清潔にしてくれます。

温泉の美肌効果

温泉は、酸性からアルカリ性までさまざまな泉質があります。

酸性もアルカリ性も、どちらも角質溶解効果があります。

温泉に入ると肌がすべすべになるのは、一種のピーリング効果でもあるのです。

温泉には不思議な効用があり、ニキビやア卜ピーが改善することもあるようです(もちろん一時的な効果ですが)。

ただし、肌が弱い人は温泉で肌あれを起こすこともありますので、刺激を感じたら長湯をしないようにしましょう。

よく洗うところ、サッと洗うところ、ボディはメリハリ洗いをする。

お風目は一日の汚れを洗い流すところ。

毎日、全身くまなく洗っているという人が多いでしょう。

ボディソープをたっぷり泡立て、全身をゴシゴシ洗わなければ気がすまない人もいるようですが、じつは石けんやポディソープで洗わなくてはいけないのは皮脂の多いところだけ。

汗は水でも洗い流せるので、じつはそれほどゴシゴシ洗わなくてもよいのです。

体質や肌の状態などによっても洗い方を変える

人のからだの中で、いちばん皮脂が多いのは頭です。

そのため風邪などでお風呂に入らないと、まず頭がにおいます。

次が顔、その次が背中と胸です。

汗と違って、皮脂は石けんでなければ落ちません。

ですから、皮脂の多い部分は、石けんでていねいに洗います。

といっても、洗いすぎはよくありません。

皮脂の多い人、少ない人など、体質によっても洗い方は変わってきます。

肌の状態や季節によっても、調整する必要があるでしょう。

また、足に汗をかきやすい人は、指の間や爪の下もブラシ等でよく洗って、角質をためないようにしましょう。

全身を同じようにゴシゴシ洗うのをやめて、メリハリ洗いの習慣をつけましょう。

肌のようすを見ながら、自分なりの洗い方をアレンジしてみてください

入浴剤はどう選べばよい?

さまざまな種類がある入浴剤。

肌のためには、どれを選べばよいのでしょうか。

結論からいうと、香りや色の好きなものを選べばOKです。

入浴剤の効用は、ほとんどがリラクゼーション効果など心理的なもの。

なかには発汗や血行促進をうたったものもありますが、大きな効果は期得しないほうがよいでしょう。

ただし、米ぬかやスクワランなどを配合したものや、組塩には多少の保湿効果があるようです