植物の力は意外に強力。自然派化粧品もあなどれない!

自然派化粧品というと、とにかく肌にやさしいイメージですが、実際はやさしいだけではないのが、自然派化粧品。

じつは毒にも薬にもなるほど強力なパワーを持つのが植物。

仮に自然の恵みを100%生かすことができれば、きっと驚くほど美肌効果の高い化粧品ができるはすです。

事実、最近ますます注目度が高まっているオーガ二ツク系のなかには、ケミカル系もビックリのパワーコスメも存在。

つまり、自然派化粧品のなかでも、原料や製法にトコトンこだわったものならば、ハッキリ結果を出せるのです。

ただし、自然派の定義じたいがあいまいなので、こだわりのある化粧品を見抜くのが難しいところ。

植物のパワーは意外に強力ー自然派化粧品にも効くアイテムはたくさんあります。

鉱物油か植物油かだけではなく完成品の総合点で判断!

「鉱物油」すごく感じの悪い言葉ですよね。

でも、英語のミネラルオイルだったらどうでしょう?

とたんに、よい印象をもちませんか?

石油だって、元をたどれば地下に眠る太古の生物からなる、自然の素材。

もちろん、化粧品に使われる際は、十分に安全なレべルまで精製されます。

ちなみに皮膚科で処方されるワセリンも立派な「鉱物油」です。

一方、植物油のほうはどうかといえば、植物由来ゆえに得られる美肌効果がある一方、精製度が低ければ肌にトラブルを起こす危険性も。

植物だからすべてが肌にやさしいというわけではないのです。

賢い化粧品ユーザーとは、鉱物油か植物油かだけでジャッジするのではなく、でき上がった化粧品の総合点で判断できる人のことです。

「医薬部外品(薬用化粧品)」のコスメなら絶対に効果が高い?

「医薬部外品」(薬用化粧品)とは、効果効能が認められた有効成分を一定濃度含有するもので、メーカーの申請に基づいて厚生労働省において承認されたものをいいます。

ちなみに、「医薬部外品」の化粧品には、美白、肌アレ、ニキビなどの力テゴリーがあります。

「医薬部外品」は、美白なら「アルブチン」などのように、美白に効果があると認められた成分を一定の割合で配合しているものを、意昧します。

しかし、この「医薬部外品」メーカーが新たに開発した新規の成分で承認を受けようとするととんでもない費用と労力がかかる場合がほとんど。

そこでメーカーのなかにはあえて「医薬部外品」の承認の申請をせすに、「医薬部外品」の“冠ナシ”で発売するケースがあるのも事実。

こうした名より実を取ることで世の中に出ている成分もたくさんあります。

メジャーなところでは、美白の「甘草エキス」など。

また、「医薬部外品」においては、有効成分の含有量の上限も設定されています。

そこで、あえて成分の濃度の上限を超えてより高い効果を追求した化粧品も実際に存在します。

つまり、「医薬部外品」は効く!けれど、「医薬部外品」じゃなくても効く!化粧品はあるというわけです。