美容医療って?

美容医療は、老化して不健康に見える肌を健康的な肌に根本から改善する方法と言われます。

美容皮膚科は、保険が適用されない自費診療を中心に治療を行い、最新の肌のアンチエイジング医療を受けることができるため、近年人気が出ています。

もちろん保険が使える一般的なニキビ治療なども受けられる美容皮膚科もたくさんあります。

そのほかにも美容皮膚科では、患者さんの間違ったスキンケア法に関する改善アドバイス、医師が開発した特別なコスメの販売、スキンケアの指導、有効な薬剤の処方、レーザーやラジオ波を用いた医療機器による治療、点滴や注射による皮膚を若返らせる薬剤の注入などを行います。

このように、美容皮膚科には多種多様のアンチエイジングメニューがあります。

一方でこのメニューの豊富さが私たちを悩ませるのです。

つまり、どの治療を受ければいいのかがわからない、よく理解できない、医学用語や医療技術の難しさがあるのです。

施術の内容をやさしくわかりやすく説明してくれる医療機関を選ぶことが第一関門なのです。

ほとんどの施術が高い

それぞれの治療メニューは決して安いものではなく、美肌点滴やプラセンタ点滴や注射が3000円15000円程度ですが、一般的には一つの治療が1万円以上、高いものでは30万円とか50万円とかそれ以上、というメニューもあります。

美容皮膚科でも、一度では肌老化の若返りに関する効果が出にくいために、患者のニーズに合わせて数回に分けて施術を行い、さらに一つの治療法で問題を解決するのは難しいため、複合的にいくつかの治療法を組み合わせて提案することが多いです。

それぞれの治療は保険がきかないために、高額になることは避けられません。

美容医療のもう一つのデメリット

もう一つ、美容医療には痛みを伴うことが多いのもデメリットです。

もちろん美容整形のようにメスで肌を切ったりはしませんが、肌に注射針を刺すことはありますし、レザーで皮膚の表面に痛みを伴う刺激を与えたりもします。

ただ、痛みを軽減する方法も工夫されているので、痛みについて不安がある場合は、正直にそれを伝えて、対策を考えてもらいましょう。

しかし、美容皮膚科に行っても肌の老化は根本から元に戻すことはできませんし、エイジングケアの費用は、一般的に安いもので3万円くらいで、レーザー治療を数回受けると10~30万円程度はかかってしまいます。

また、決して安いからと値段で飛び付かずに、大切な自分の肌のことを考えて、受ける治療法に関して豊富な症例件数を持ち、確かな技術力を持つ美容皮膚科を選びましょう。