ちょっとした動きでもきびきび動けば運動不足解消に

忙しくて運動するひまがないという人でも、日々の生活や行動をよくよく振り返ってみれば、必ずからだを動かせるときがあるはずです。

何気ない動きでも、無意識にだらだら動くのと、意識してきびきび動くのとでは、運動効果が違ってきます。

たとえば、近所に買い物に出かけるにしてもサンダルを履いて、だらだら歩いていくのと、スニーカーを履いて、腕を大きめに振って早足で歩いていくのとでは運動量に差が出ます。

こうしたちょっとした運動でも、習慣化して積み重ねていけば、運動不足を解消するひとつの手段になるでしょう。

ながら運動~ちょこっと運動はどこでもできる~

通勤電車に乗っているとき、テレビを見ているとき、歯みがきをしているときぼーっとやり過ごしがちな時間を、ながら運動の時間に変えましよう。

心がけ次第で、運動はいつでもどこでもできるのです。

電車の中で必ず立つ

だれよりも先に座ろうとせずに、「必ず立つ」と決めてみては。

姿勢を正してスッと立ち、おしりをキュッと締めるように力を入れます。

たまにかかとを上下すると、より運動効果がアップ。

テレビを見ながらストレッチ

仰向けに寝て腰を浮かせたり、脚を上け下げしたり、または立って足踏み運動をしたり、いろいろな運動ができます。

歯磨きをしながらストレッチ

かかとの上げ下げをしたり、スクワットをしたり、積極的にからだを動かしましょう。

運動は代謝を高める。適度な運動をすれば確実に美肌効果が現れる

運動による肌への最大の効果は、代謝が上がるということです。

ひとくちに「代謝」といっても、いろいろな代謝がありますが、運動をすると血液の流れがよくなり、肌の「新陳代謝」が高まります。

また、適度に筋力アップすることによって、からだの「基礎代謝」も上がります。

つまり、血行がよくなって、肌のターンオーバーがスムーズにおとなわれるようになり、以下のような美肌効果が現れるのです。

・肌が再生し、肌老化の予防になる。

・クマやくすみを改善して、肌が明るくなる。

ちなみに、運動をすると汗が出ますが、汗がたくさん出ること自体が肌によいわけではありません。

水や汗にこだわるのは無意味なことです。