ぬるま湯で顔をゆすぐだけの洗顔法は乾燥肌や敏感肌にオススメ!

最近、美容通の間で大きな話題を集めているのが、石けんやフォームなどの洗顔料を使わすに、ぬるま湯で顔をゆすぐだけの「洗わない洗顔」です。

洗わない洗顔は、洗いすぎによる乾燥トラブルを予防するため、いつしか美容のプロの間でムーブメントとなった、究極の洗顔法。

エステティシャンや皮膚科医のなかにも愛好者が多数います。

洗わない洗顔といっても、本当に顔を洗わないのではなく、ほとんど水に近いぬるま湯で顔をゆすぐだけ。

このとき毛穴を軽く慎み出すようにすると、毛穴の汚れが取れやすくなります。

肌がもともと持っている潤いを少しも損なわないので、乾燥肌や敏感肌にはオススメですが、洗顔で皮脂や角質をしっかり取り除くのが望ましいオイリー肌や二キビ肌にはオススメできません。

クレンジングでのマッサージはかえって汚れを肌に擦り込むことにクレンジングのついでにマッサージなんて、もってのほか。

クレンジングのときに手を動かすのは、顔全体になじませるためで、マッサージとはまったく別の意味合いです。

クレンジングには洗浄成分として界面活性剤など肌に長時間のせておくべきではない成分も配合されています。

だから、メークが浮き上がったら、素早く洗い流すべき。

いつまでもマッサージしていると、その洗浄成分と落としたメークなどの汚れを、かえって肌に擦り込むことに。

とくに、植物性のオイルを使ったオイルタイプは肌に浸透しやすいので、要注意です。

マッサージは、クレンジンク→洗顔→化粧水とステップを踏んだ肌に、あらためて専用のマッサージクリームなどを使ってやりましょう。

化粧水は手でつけるよりコットンでつけたほうが効き目が高くなる?

結論から言うとどちらでつけても効果は変わりません。

コットンでつけた方が良く浸透するという説もありますが、これにもハッキリとした根拠はありません。

しかし、化粧品メーカーのほとんとは、コットン使いをすすめています。

理由は複雑な凸凹を持つ人の顔に化粧水をまんべんなく行き渡らせるには、コットンの方が効率がよいから。

実際、手でつけるにはコットンの方がムラづきにくい、これは確実。

また、パッティングするならコットンでないとダメでしょう。

とはいえ、コットンが絶対!とは言い切れない一面もあります。

実はコットン1枚に化粧水をひたひたに含ませると、それだけで化粧水を大量に使ってしまうことに。

高価な化粧水を愛用していたら、やっぱりもったいない!ですよね。

また、手のひらでつけると、手が吸収してしまう、という誤解もあるようですが、手のひらはバリアが厚いので、化粧水など吸収しません。

さらに、手のひら派のなかにはコットンじたいの刺激を気にする人もいます。

じつは、化粧水は、顔全体にまんべんなくつけられるのであれば、コットンでも手のひらでもOKなのです。

コットンか手かは、化粧水における永遠のテーマ。

顔のすみすみまでまんべんなくなじませるならコットンで。

化粧水を一滴もムダにしたくないなら手のひらで。

どちらを選択しても、化粧水の効果そのものに変化はありません