エステサロン仕様の生コラーゲンを自宅で体験できるフェース生コラーゲン配合美容液「ラメラエッセンス」ですが、

ラメラエッセンストライアルセットの効果を高めて行くためには、その他のクレンジングや洗顔などの正しいやり方を知っておくことが重要になります!

またラメラエッセンストライアルセットの各製品についても基本となる使い方をマスターしておくことでよりラメラエッセンスの効果を高めることができます。

ここではクレンジングの仕方から美容液の塗り方まで基礎的な使い方についてご紹介していきます
 

正しいクレンジングの仕方

ダブル洗顔は、肌が本来持っているバリア機能を壊してしまう可能性があります。

洗浄成分の作用はとても強いので、長い時間肌にのせるのはNG。

たっぷりのクレンジング剤でメイク汚れを巻き込み、タオルを使って落とせば一度の洗顔ですっきりします。

私は入浴前にクレンジング剤を顔にのせ、お風呂の中でサッと落としています。

1.クレンジング剤をのせる

クレンジング剤を手にとり、指で額に2カ所、頬に2カ所、あご先の計5カ所に置きます。

2.やさしくなじませる

クレンジング剤をメイク汚れとなじませます。

中指と薬指の腹を使って、ごく弱い圧で塗り広げるイメージ。

人差し指は力が強いので、使わないようにしましょう。

3.タオルを用意する

たっぷり水分を含ませたタオルを、広げた両方の手のひらにのせます。

両手をそろえてお椀型にして、中央のくぼみにぬるま湯をすくいます。

4.やさしくすすぐ

手のひらのくぼみにすくったお湯で、クレンジング剤をそっとすすぎます。

タオルでこするのではなく、そっと絡めとる感じで。

全体のクレンジング剤をオフし終わったら、最後に絞ったタオルで肌表面の水分をおさえて終了。

賛沢な成分入りのクレンジンク剤は意味なし!

「まるで美容液のような、賛沢主成分で洗う」なんて謳い文句を聞いたことがあるかもしれませんが、残念なことに、洗顔料クレンジング剤に美肌成分が入っていても、ほとんど意味はありません。

その理由はとてもシンプル。

飢に浸透しないように粒子が大きく作られているため、美容成分が入っていても意味がないのです。

高価なクレンジング剤を買うのなら、同じ金額で美容液を買うほうがよっぽど肌のため。

むしろ、安いものでもたっぷりの量を使ったほうがメイク汚れを巻き込みやすく、指と肌の間でクッションにもなって肌を傷めません。

正しい化粧水の使い方

欧米では、化粧水とは「肌を消潔に保つ」以上の存在ではありません。

クレンジング料のべたつきが気になるときに、朝の洗顔代わりに、あるいは皮脂が過剰に浮き出る部分などをふき取るために、と捉えてください。

1.コットンを指の間に挟み、化粧水をたっぷり含ませる。

2.肌をこすらずにやさしくふき取る(パッティングしたり、パックする必要はありません

正しい美容液の使い方

これは美容液をつけるときに限ったことではありませんが、肌にとって「こする」刺激は禁物です。

特にさらりとしたテクスチャーの美容液は、指と肌の間でクッションの役割を来たしてくれませんから、肌への刺激が敏感に伝わります。

丁寧に、慎重につけてください。

「塗る」ではなく「のせる」「包む」のイメージで、傷つきやすい白桃の表面をなでるように触れるのがコツです。

1.美容液をのばす

本来美容液は肌が湿った状態のほうが浸透しやすいのですが、ラメラエッセンスの場合は洗顔後すぐに表面が乾かないうちに美容液を手のひらにとります。

2.手のひらで温める

両手のひらに美容液をのばし、重ねるようにして温めます。

手のひらはほかの部分の肌より角質層が多いので(一番上に透明層がある)、手のひらが美容液を吸収してしまう心配はありません。

3.肌をやさしく包む

肌を包むように手のひらをそっとのせ、美容液を浸透させます。

肌表面をこすらず、内側にプッシュする感覚で、額、両頬、あごをやさしく包み込んで。

4.リンパを流す

薬指の腹を使って、リンパを流す。

額の中心からこめかみへ、小鼻の横からこめかみへ。

そしてあご下から耳の下へと指をごく軽い圧ですべらせる

5.鼻筋を整える

鼻の頭から眉間に向かって、下から上ヘスッとなであげます。

眉間から眉骨に沿って、外側へ軽くマッサージします。

6.ツボをプッシュ

眉間のわき、眉頭のあたりを押すと軽く痛みを感じるのが美肌のツボ。

ここをプッシュします。